法律で定められる有給休暇制度として

働き始めて6ヶ月が経過し、その間に労働日の8割以上出勤した場合には10日間の「有給休暇」というものが発生します。
会社によってはそれを認めないという所もありますが、これは立派な法律違反だと言えます。
有給休暇を使って仕事を休む際には、利用目的を会社に伝えて承諾を得るといった必要はありません。
それに対して会社側はどうしてもその日に休まれると業務に支障が出るといった場合、別の日に変更するように求める事が可能であり、変更する際には別の日に休みが取れるよう配慮する必要があります。
また、退職する際に残っている有給休暇を消費したいといった場合には、未消化の日数を確認した上での取得を申し出ると共に、その最終日をもって退職日とする事になります。
この場合においても、円満に退職する場合であれば問題となる事はありませんが、何らかのトラブルを抱えて退職するという場合には、それによる争いが生じるといった場合があります。