年次有給休暇に関する法律の基礎知識

年次有給休暇は、労働基準法という法律で定められた労働者の権利です。
したがって会社が制度を導入するかどうかを決めることはできず、労働者は就業規則に書かれていなくとも請求することができます。
有給休暇は雇い入れの日から6ヵ月経過した時点で発生し、休むことができる日数は労働時間の長さによって変わってきます。
たとえばフルタイムで働いている人の場合、働き始めてから6ヵ月後には10日間休むことができます。
そして初めて有給が発生してから1年後に、再び有給が発生します。
ただし、有給はそれぞれ発生してから2年後には消滅してしまいますので注意しましょう。
また、アルバイトやパートの場合でも有給をとることができます。
アルバイトやパートであっても、フルタイムの労働者と同様、雇い入れの日から半年後に有給が発生します。
もっともフルタイムの人に比べて労働時間や日数が少ないので、有給を取得できる日数は少なくなります。
労働日数により有給を取得できる日数が決まっているので、アルバイトやパートで働いている方も一度調べてみることをおすすめします。
自分がどのくらい有給休暇を取得できるのかを把握して、せっかくの権利を無駄にしないようにしましょう。